敏感肌のスキンケアで重要なのは低刺激と保湿力

3つのタイプ

洗顔するレディー

敏感肌や乾燥肌、ニキビができやすい人は肌への優しさを考えて洗顔石鹸を使うといいでしょう。ランキングや口コミといった情報を得て探すのもいいですが、自分の肌にちゃんと合った洗顔石鹸を選ぶということが大切です。洗顔石鹸には大きく3つの種類に分けられます。1つ目は一般的に固形でさっぱりとした使い心地の洗顔石鹸です。単純に余分な汚れを落とすためだけ役割を持っています。洗顔フォームと違って合成界面活性剤が使われていないので肌には優しいです。2つ目は、保湿の機能がプラスされた保湿洗顔料です。固形の洗顔石鹸とくらべて洗顔フォームのようなチューブタイプの物が多いです。保湿洗顔料は使った後に肌がしっとりします。保湿効果が高いので乾燥肌にもいいでしょう。アトピーの人でも安心して使える保湿剤を用いて作られた保湿洗顔料もあります。しっかり肌の汚れを洗い流し保湿もしてくれます。3つ目は、クレンジング洗顔という物です。クレンジングと洗顔を一本にまとめることで、再度洗顔する手間を省けます。洗う回数が少なくなるので肌へのダメージを少なくできます。クレンジング洗顔を選ぶ際に大切なことはなるべく肌の負担になる成分が含まれていない物を選ぶことです。どの洗顔石鹸も、洗顔フォームと比べると肌には負担が少なく優しいです。汚れを落とすために必要な成分は、植物といった自然から取れる成分を使用して作られています。科学的な成分を使用しないことで肌トラブルを抑えることができます。